スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

サンヘドリンについて

「サンヘドリン」はユダヤ人の最高評議会であり最高法院、長老会とも言われる最高裁判権を持った宗教的・政治的自治組織である。議長と副議長がそれぞれ1人づつ、議員が69人で合計71人の長老たちから構成されていた。そのメンバーは祭司、律法学者などであった。

「サンヘドリン」の源流はモーゼの時代まで遡るという。しかし、「サンヘドリン」はギリシャ語名である事から、起源がヘレニズム時代にあると考えられる。
*ヘレニズム時代は、紀元前323年のアレクサンドロスの死から紀元前30年プトレマイオス朝エジプトの滅亡までの約300年間を事である。

「サンヘドリン」のメンバーに加わるためにはモーゼに由来するセミカの口伝を受けている事が条件であったとラビにより伝承されている。
*セミカとはラビの聖職任命(叙階式)の際にヘブライ語で口述される文句とされる。

紀元70年、ユダヤ戦争においてローマ帝国軍によってエルサレム神殿が崩壊させられてしまった。この時、本来の「サンヘドリン」も神殿崩壊とともに消滅してまった。やがてパリサイ人(びと)またはパリサイ(ファリサイ)派と呼ばれる人々の指導者たちによって新しい「サンヘドリン」が作られ再興される事になる。そしてパリサイ派がユダヤ教主流派となった。これによって「サンヘドリン」と「ユダヤ教」はパリサイ派に乗っ取られた。

ネチェボロドフは「ニコライ二世とユダヤ人たち」で「バビロン捕囚時代に、ユダヤ人法師たちが入手したカレドニアの科学によって、聖書と捕囚(紀元前六〇六年)後にユダヤ人歴史家がわずかに残した文書にその名が見えているパリサイ派を誕生させることになった。高名な科学者のムンクは、パリサイ派は疑いなく捕囚時代に形成されたと書き残している」この事からパリサイ派はエジプトを発祥とする事が伺えられる。パリサイ派は捕囚時代に二、三百人の識者によって結成された本格的な秘密結社であったと言われている。

また、アメリカの一ドル札の裏、フランスの人権宣言にはピラミッドと三角目玉が描かれている。この事からもエジプト発祥が伺えられる。エジプトはバビロンの捕囚時、神の民であるユダヤ人を奴隷として使役していました。サタンにとってエジプトは、かつて神の民を支配していた場所、言わば神に対する勝利の象徴の場所なのです。このように純粋なユダヤ人にとってバビロンの捕囚時、エジプトの奴隷のとなった屈辱を忘れるはずがない。決してピラミッドをシンボルにしない。

パリサイ派のルーツは旧約聖書に記された「カナンの呪い」にまで遡りカナン人の末裔とする政治組織であったとも言われている。ノアの息子ハムの息子はエジプトとカナンであった。カナン人は隣接するエジプト人と親戚であり同じ神々を共有していた。彼らは肌の黒い黒人であった。カナン文字はエジプトにいたカナン人の石工たちが発明した。カナンとエジプトには密接に交流があり人々が行き交っていた。これらの事からバビロンの捕囚時にカナン人がエジプトの古代イスラエル人達に紛れてパリサイ派になったとも考えられる。またはエジプト人がカナン人に紛れてパリサイ派となったとも考えられる。カナン人の悪魔崇拝がやがてタルムードを生む事になる。カナン人は自在に名前を変え貿易や金融業を生業としたフェニキア人からベニス商人とも言われたベネチア人となり欧州の貴族と結びつき混血しながら黒い貴族となっていったと言われる。

精神分析で有名なフロイトの著作「モーセと一神教」によるとフロイトは多神教の古代エジプトで生まれた一神教(アテン信仰)運動が否定された後に、モーゼがその信仰を継承したと主張をしている。そして、モーゼもエジプト人であって、ユダヤ人はそれを隠すための工作をしたと言っている。真相はわからないが面白い説である。

以上の事からパリサイ派であるパリサイ(びと)はエジプト発祥、タルムードとの関わりからカナン人、そして決してユダヤ人でない事が伺えられるのである。

「サンヘドリン」がロスを筆頭するユダヤ人(教徒)のコントロール組織であり実質的な世界支配者である。約二千年間、地下政府として君臨し常に移動していた。エジプト→古代イスラエル→ローマ→オスマントルコ→コンスタンチノープル→スペイン→オランダ→イギリスとその寄生先を次々と変えきた。これらの国は栄華を極めやがて衰退したり滅んでしまったりした。彼らは国に寄生し吸い尽くすとその国は滅ぶ。するとまるで吸血鬼のごとく次の寄生先を求める。やがてイギリスを拠点を置きつつアメリカを支配し血塗られた戦争に継ぐ歴史を作ってきた。
着々と勢力を拡大し、今や世界中の先進国の国家中枢に溶け込んでいる。彼らは血統などどうでもいいと思っている。その為、黒人であったが現在では混血が進んで全く白人と見分けがつかなくなっている。彼らは血統に拘らないのは国に寄生し吸い尽くし新たな寄生先に移住するのに政略結婚をし、その国の権力者と婚姻関係を結ぶ。その為に絶えず混血を繰り返してきた。

これが偽ユダヤ人を裏から操り、現在の中央銀行による通貨発行詐欺と市中銀行による信用創造詐欺システムを作り出したサンヘドリンと欧州貴族と混血した仲間たちである銀行家の歴史である。
スポンサーサイト

theme : ユダヤ
genre : 政治・経済

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

author

Author:author
FC2ブログへようこそ!

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。