スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

サンヘドリンとウススの手紙

1489年、ユダヤ地下政府(サンヘドリン)の一部の出張所がトルコのコンスタンチノーブルにあった。

*サンヘドリンは古代イスラエルの最高法院の事で71人で構成される。サンヘドリンはパリサイ人に乗っ取られた組織である。パリサイ人はカナン人の政治的集団でエジプトからやってきた銀行家。サンヘドリンを乗っ取りユダヤ教徒を利用している。

コンスタンチノーブルにはユダヤ総主教ウススという人物がいた。フランスのマルセイユにあるユダヤコミュニティのユダヤ教ラビであるハモラから一通の手紙が届いた。届けられた手紙にはフランス国王がカトリックを国教にするためユダヤ人にも改宗を迫り、これを拒めばフランスから追放されるという内容が書かれていた。それに対してウススは彼らに次のような返事を送った。

モーセに従う親しい同胞達。汝等の報告によるとフランス国王が汝等にキリスト教に改宗せよと強制しているそうだが、やむを得ぬ、改宗せよ。但しモーセの律法は決して忘れては成らぬ。彼等は汝等の財産を奪うとの事だが、されば汝らの子を商人に育て、将来はきっとキリスト教徒達の財産を身ぐるみ巻上げるがよい。また、生命も危険にさらされているというが、それなら子どもらを医者や薬剤師に育て、そのうち彼等の生命を奪うがよい。神殿の破壊に対しては子どもらをキリスト教の神父にし、やがてキリスト教会を破滅に導く事だ。その他、様々な圧迫が知らされているが、子ども達を弁護士や公証人にして、あらゆる問題に介入させねばならぬ。こうして遂にキリスト教徒達は汝等にひざまづき、汝等の世界支配の日は来たり、彼等への復讐も達せられよう。ここに記した指図をよく守れ。そうすればあなた達の一時的な降伏も、やがて未来への栄光の道となるだろう。事実がきっと証明するに違いない。

(署名)一四八九年十一月二十一日
コンスタンチノープルのユダヤ総主教ウスス


要約すると第一はユダヤ人の子孫を商人に育て世界中の財産を巻き上げること。
第二に子孫を医者や薬剤師にして異邦人の命を奪うこと。
第三はキリスト教の神父にしてキリスト教会を内部から破壊させてしまうこと。
そして最後は弁護士や公証人にしてあらゆる問題に介入させること。

このウススの手紙の出所については1640年アヴィニョンのカトリック教司祭 E・ブイが著書で発表した事により世に知れる事となった。因みにE・ブイは、ある地方の修道院の文庫に保存されていた、当時で150年経過されていた2通の書簡を謄写し著書に記載した。その1通がこのウススの手紙で、もう1通は1492年スペインのラビの長キモールとのやりとりで同様の内容が書かれており署名にユダヤ皇子と書かれていた。

フランスやスペインにいた自称ユダヤ人達が手紙を送り、その返事から指示を仰ぐ。この事からもボスがいる事を伺い知れる。やがて手紙の原案が発展しロスを代弁者とし「世界革命行動計画」が発表される事になる。

ウスス手紙の教えを忠実に実践した為に現在の自称ユダヤ人達は医療、教育、弁護士、政治家、銀行家、宗教家等の主要なポジションを独占している。
スポンサーサイト

theme : ユダヤ
genre : 政治・経済

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

author

Author:author
FC2ブログへようこそ!

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。