スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

偽救世主サバタイ・ツヴィ

17世紀にサバタイ・ツヴィは救世主として登場した。1626年トルコのスミルナのゲットーでサバタイ・ツヴィは生まれた。スミルナのゲットーにはスペインを追放されたユダヤ人達が各地を転々し辿り着いた。サバタイの父は貿易業で財を成し富裕層であった。サバタイをラビにしようとユダヤ学院に通わせた。だがサバタイは正統的ユダヤ神学に関心を持たず、ルーリア派のカバラ思想に興味を示した。サバタイは「厳格な禁欲と苦行」「瞑想を通じ天使や神との接触」を求めた。厳しい寒さの中、冬の海で沐浴をし、長期間の断食など行った。やがて自分を救世主だと信じ込むようになった。元来、ユダヤ教には救世主待望論がある。1648年には救世主が現れると予言されていた。

さらに、ウクライナでユダヤ人の大虐殺が起こり、終末論的な雰囲気がユダヤ社会を覆っていた。そんな時、サバタイはキリストの名を叫びながら、「我こそは救世主なり」と説教を始めた。しかし、人々はサバタイを狂人とみなした。そして生まれ故郷のスミルナから追放されてしまう。その後、各地のゲットーを転々とし1660年カイロに辿り着いた。そこでユダヤ人有力者でカバラ主義者のラフィエル・ヨゼフ・ハラビの支持を得る事に成功。続いて聖都エルサレムへと向かった。しばらく目立った行動は行わず祈りと修行に明け暮れた。やがてオスマン・トルコ政府がエルサレムのユダヤ人達に多額の税金の支払いを命じ、支払いが出来ないなら追放するという命令を出した。この時、サバタイは密使としていち早くカイロに戻り、大富豪ハラビに助けを求めた。ハラビは同胞の助けならと喜んで財を投げ出し税金を立て替えた。この危機を救いサバタイは一躍、大きな支持を集めた。

この頃サバタイは、妻サラと結婚する。一種のカリスマを持ったサラは支持者を集める大きな力となった。サラはユダヤ人大虐殺の時、ポーランドからカイロまで逃げて生き残った。サラもカバラ信望者で、将来救世主の妻になると固く信じ込んでいた。そして、カバリスト学者ナタン・ガザッティとも出会う。ガザッテイも近いうちに救世主が現れると予言しサバタイが、その人だと固く信じ込んでいた。

エルサレムのラビ達がサバタイを危険視し始めると本拠地をガザへと移した。そして、自分こそユダヤの救世主であると正式に宣言した。時を同じくしてヨーロッパ各地のゲットーに文書を送り支持を呼びかけた。信じ難たい凄い数のユダヤ人達が同調した。ラビ達はこれをペテンだと糾弾し、サバタイ信望者を破門したがほぼ効果は無かった。さらに、ラビ達の中からもサバタイに同調する者が出始めた。その中にはユダヤ教会の有力者も居た。サバタイは続いて本拠地をガザから生まれ故郷のスミルナに移した。住民達に大熱狂で迎えられスミルナの実権を掌握した。サバタイの噂はイギリスにまで伝播し多くのユダヤ人達が本物の救世主と信じたと言う。

1666年サバタイはスミルナからコンスタンチノープルへと移る。だがトルコ政府によって逮捕され城に幽閉される。しかし、王侯貴族のように丁重な扱いを受け贅沢な部屋を用意された。その数ヵ月後サバタイはトルコ皇帝(スルタン)のモハメッド4世に呼び出され「イスラムに改宗するか、死刑になるか?」の二者択一を強いられる。するとあっさりとイスラム教に改宗してしまうのである。あっという間に世界のユダヤ人達の間にサバタイのイスラム改宗が広まり、サバタイ・ツヴィ運動の熱狂はあっという間に萎んでしまった。サバタイに同調した約10人の高名なラビが処刑された。サバタイはその後ユダヤ教の祈りを行っているところを目撃されトルコから追放され、1676年アルバニアの小さな町でに死亡した。だがサバタイがイスラム教に改宗した後も救世主とする運動は萎みはしたが完全に消滅はせずイスラム教徒の支持者すら居た事に驚かされる。彼らはサバタイの改宗は一種の「秘儀」であり、イニシエーションのようなものと捉え、「サバタイ主義」は、実に18世紀まで生き延びた。

サバタイがあっさりと改宗した事について。ここで感のいい方なら気が付きかも知れない。そう「ウススの手紙」でユダヤ総主教ウススが「キリスト教に改宗せよ」と言った事と全く同じだと。サバタイ1626年に産まれ17世紀を生きた人物だが「ウススの手紙」は1489年で15世紀の話。という事は表向きはあっさり寝返るが本心は寝返っていないサバタイのやり方はサンヘドリンによって授けられた知恵である事が想像できる。

日本人にはわからないだろうが、ユダヤ教に限らす、イスラム教、キリスト教、仏教と言った信者はそう簡単な事では改宗はできない、しない。人生そのものを変える事になりかねない。

もちろん現在でもこの手法は用いられる。ある組織を乗っ取ったり、ある人物を買収する時にも使われる。例えば政党などもサバタイのような人物が潜入すれば思わぬ方向へと舵を切る可能性がある。組織にサバタイがいるのか見極めなければならない。
スポンサーサイト

theme : ユダヤ
genre : 政治・経済

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

author

Author:author
FC2ブログへようこそ!

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。